2013NJPW 上半期ダイジェスト-テスト

2013年、新日本プロレスは既に半年が経過しました

1月"年の初めの戦い始め" 1.4レッスルキングダムIN東京ドーム
  ファンタスティカマニア
2月 広島大会初PPV
3月 ”春のG1”ニュージャパンカップ2013
4月 41周年旗揚げ記念日&INVATION ATTACK両国大会
5月 レスリングどんたく福岡大会
6月 Best of the SuperJr & DOMINION大阪大会

わからない人のためにここまでの注目カードをちょっと説明

1月
・レッスルキングダムIN東京ドーム
  新日本をを守ってきた中邑とプロレスラーを名乗りつつ
  総合格闘技で食ってきた桜庭が初のシングルマッチ!


・ファンタスティカマニアは未知のルチャドールの来襲

 (今年はティタンがよかった)

2月
・若手の大会?NEVERにて王座防衛戦
 
このゴツゴツと見るからに痛い最高のプロレス!

・2月の後半のシリーズにて昨年中はほとんどマッチメイク的に
 絡まなかった鈴木軍とケイオスの対戦が解禁
 特にみのるとオカダは形を変えた世代闘争といえるほど対立し 
 広島のPPV大会にて初のシングルマッチが組まれた



3月
・"春のG1”ニュージャパンカップ
 石井vs後藤


 みのるvs矢野、

 オカダvs矢野(52:16から)
 
優勝戦の後藤vsオカダの試合(2:04:02)

 特に上4試合が激しく、珍しく、面白かった

4月
・旗揚げ記念日にはJrヘビー級の枠のからはみ出し気味の
 IWGPJrヘビー王者デヴィットがIWGPヘビー王者棚橋に挑み

 (2:43:41)試合後も豹変し遺恨を残す

・INVATION ATTACK両国大会PPV
 NJC優勝オカダがIWGP王者棚橋に挑むPV&フルバージョン



 デヴィット、アポロ55強制解散、用心棒バッドラック・ファレ
 を呼び込み、負け試合の元パートナー田口をボコる。(19:04)
 
 デヴィット"リアルロックンローラー"を名乗りだす

5月
・レスリングどんたく福岡大会PPV


 デヴィットと田口が福岡の地で対決



 後藤と柴田、因縁の同級生シングル戦は壮絶な試合



 オカダは因縁のみのるに対してIWGP王座を賭け対戦。


 棚橋とアンダーソンの試合後にデヴィットとファレが乱入、
 アンダーソンとタマ・トンガもデヴィットのグループに加わり
「バレットクラブ」という新世代外人のユニットが新日本に設立。

そうそうw

昨年のG1途中で足の靭帯を痛めた内藤哲也がようやく戻ってくる!


6月
 ・Best of the super Jr
  デヴィットはバレットクラブメンバーをリーグ戦最中も巧みに使い
  全勝優勝をするもファンは大ブーイング。 

 ・DOMINION大阪大会PPV
  後藤vs柴田の激しすぎる再戦
  棚橋vsデヴィットはバレットクラブが暗躍しデヴィット勝利
  メインで真壁をIWGPタイトルマッチで退けたオカダに対し
  デヴィットが「前王者棚橋を破った。挑戦させろ」と兆戦表明。
  オカダは王座兆戦に条件として、マネジャーの外道とJrのタイトル戦
  を行い勝ったら兆戦を受ける事となった。

この流れを受けて7月のシリーズ(7/05~7/20)
「吉野屋プレゼンツ KIZUNA ROAD2013」が始まる。

サムライTVではシリーズ中開幕戦を含む4大会を生中継。
最終戦の秋田大会はPPV(&ニコニコ&U-STでもPPVあり)

上に書いた今年度のメインストーリー以外でも充実の
選手層を誇るのが今の新日本プロレス。

世界的レジェンドと呼ばれる存在と化した獣神サンダーライガー
新日本Jrヘビー級の新世代を担えるかBUSHI&KUSHIDA
他団体ノアのGHCタッグのベルトを奪い崇高な王者の矢野&飯塚
青義軍再編で浮上を狙う永田裕志
IWGPインターコンチ王座海外流出!どうする中邑真輔!?
バレットクラブに狙われる以外目立たない棚橋弘至は浮上できるか!?
このシリーズ戦いのテーマがない鈴木みのると後藤 洋央紀は!?

選手を覚えれば覚えるほどプロレスとは離れられなくなっていきます!


  
 
 

関連記事
スポンサーサイト