G1 CLIMAX 23  1日目

「G1 CLIMAX 23」
★8月1日(木)静岡・アクトシティ浜松展示イベントホール(18:30)
【サムライTV生中継】

[1=Bブロ]飯伏幸太VS矢野通
 :まさか矢野が負けるとは。1日目とはいえ波乱。 
  時間も短くフィニッシュへの繋ぎが雑で説得力なかった><

[2=Aブロ]石井智宏VSランス・アーチャー
 :2Mのアメリカ人と170の日本人じゃなあ。イマイチこの試合では
  石井お得意のゴツゴツ的試合にはならなかったな

[3=Bブロ]天山広吉VSシェルトン・X・ベンジャミン
 :これも唐突のペイダート(ベンジャミンの必殺技)で決まってしまい
  正直消化不良というか、初めて天山に同情的気分となった

[4=Aブロ]柴田勝頼VSデイビーボーイ・スミスJr
 :スミスJrが普通に格闘技的展開の試合ができてちょっと驚き。
  ただフィニッシュが・・・ 展開がスリリングだったのに
  最後の最後で萎えた。

[5=Bブロ]内藤哲也VS高橋裕二郎
 :この試合も普段と比べるとちょい変な試合だった。
  裕二郎のテーマ曲が変わっていたり、試合前の挑発意的マイクも
  無く。 時間的にも短いためかイマイチ盛り上がりに欠けた

[6=Bブロ]永田裕志VS鈴木みのる
 :さすがすぎる二人の攻防。正直一時永田さんやばいかと思ったが、
  最終盤のリストクラッチ式エクスプロイダーの落ち方が半端無く
  とはいえ、みのるがこれほどきれいに3カウントを取られるのも
  珍しい。 永田さん会心の勝利だった!

[7=Aブロ]真壁刀義VS後藤洋央紀
 :これもいまいち時間が短いながらも、正面からやりあう試合に
  凄く盛り上がったなあ。洋央紀が昇天・改を出す暇が無かった。
  終盤真壁がトップロープでスパイダージャーマンを狙う攻防で
  洋央紀の頭を前の鉄柱にぶち当ててSジャーマン→キングコング・
  ダブル?ニードロップは説得力あって真壁の完全勝利。
  
[8=Bブロ]中邑真輔VSカール・アンダーソン
 :アンダーソンがバレットクラブとしてではなく一人で入場、しかも
  バレットクラブ風黒系統のシャツではなく白色のシャツで。  
  試合の合間合間にはラフもはさんで地味に中邑を押して、ついには
  何度目かのガンスタンを決めて中邑に快勝。 
  正直、中邑の試合としてはちょっと見ごたえに欠けた試合に感じた。

[9=Aブロ]棚橋弘至VS小島聡
 :本日のベストマッチは間違いないだろう。お互いを認めてるゆえの
  まさに大試合的メインエベント的な展開で試合が進む。
  本日15分を超えた試合はこれだけじゃなかったっけ。
  小島こだわりの豪腕ラリアートが最後棚橋の顔面を打ち砕いて完全なる
  ピンフォール勝ち! とはいえカウントの時のレフェリーがミスを。
  棚橋が肩を上げると思って2カウントで手を止めるが棚橋は動けず、
  結局レフェリーは3カウントを取ったとして小島の勝利になった。
  試合後ちょっと微妙な空気になったがw 小島よかったぞ!

[10=Aブロ]オカダ・カズチカVSプリンス・デヴィット
 :先日秋田大会で行われた試合のリマッチ的試合。
  お互いにセコンドは一人ずつだったが、デヴィットはセコンドの
  キング・ファレのガタイの太さを最大限に利用して悪辣な反則行為
  をレフェリーの目が届かないところで最後まで繰り返して・・・
  ついには試合中レフェリーを乱戦に巻き込み昏倒させた中で、ファレの
  イス攻撃、トドメにデヴィットがブラッディ・サンデーの必殺技を
  モロに決めて、なんとオカダがリーグ戦初戦にて黒星を喫する事となった。 
  メチャクチャバットな展開に客は声を無くす。

全10試合、開幕初日で全選手入場式がなくて残念に思っていたが・・・
全体的に1試合が非常に短くせわしく感じてしまった。
正直、参加メンバーをA/B各4人ずつ削ってくれたほうが各試合の
クオリティが上がるのではないかと、ちょっと残念に思った。
10試合中7試合くらいが駆け足気味の試合に感じた・・・

放送時間は18:30から、そして中継終了は本来はリピート放送が始まる
22:00を5分ほどオーバーしていた、という現実もあった。

いろいろな顔合わせや直接対決は楽しみなものの、本日感じた
「1つの試合としての物足りなさ」は明日以降も感じるのだろうか。

驚き! 蝶野が解説として本日来場していた。
リング上の「ファッキン」な喋りと違い、解説の蝶野はとても
聞きやすく感じのいい話をしていたw

まぁ本日の大会は大波乱といったところか。
棚橋、中邑、後藤、オカダ、内藤と上位進出は必須と思われる選手が
軒並み敗れるという、非常にバッドな展開から始まった。

あぁ・・・始まっちまったよw
真夏の祭典、G1クライマックス。 
見届けてやるよ! 明日も楽しみなんだぜ!
関連記事
スポンサーサイト