本を読んだら視力回復した?

最近は空いてる時間に少しずつ本を読むようになった。

以前は「悪魔人形」等の江戸川乱歩の少年探偵団シリーズを
日々1冊ペースで読んでたり、大人用の乱歩作品や
ハヤカワのSFシリーズ、角川のSF・ミステリー小説、
阿刀田高の短編シリーズ等、結構いろいろと
読みまくってたんですが。

Sealを始めて目が悪くなったのか^^;

「この俺もついにメガネかけなきゃいかんのか」とか思うようになると
小説を始め本を読む機会がどんどん減って殆ど読まなくなっていた。

今読んでるのは速読術の本、林先生が書いた本、
そしてこの休止期間中に少しでも判るようになりたいと
中学英語を復習する本を読んでいる。

小さい頃からある程度は読む速度が早いと自負してはいたがw
速読法の本の目標文字数/分はさすがにどうだろうと思いながら
読んでたりする。

今週になって文字をガンガン目で追って読むようになったせいか?
若干だが目のかすみ等もとれてきたように思う。

買ったものの文字が以外に小さくて本棚に立ててただけのK-ONの
マンガ原作の文字が以前はぼやけて読むのに一苦労だたものが
普通に読めるようになってて驚いたw

まぁ英語の本の方は・・・^^;
中学・高校の頃真面目にやってなかった分今苦労してる。
be動詞って何だっけ? 一般動詞? 進行形? 3単元のS?
全く覚えてないw
よって中学復習用で本来決められた時間で覚えなきゃいけないところが
5ページを理解するのに1時間かかったりとかしてるw 最悪w

実はインドネシア語をやってみようかとも考えたけど諦めました。
諦めた理由は
・直接会って会話をするわけじゃない
・まともに文法や単語を覚えても意味が無い
(北米Sealをやる分には)

それは、とある質問コーナーに書いてあったのですが。
インドネシア人はSNS等制限されたスペースがある場合無理やり
思うことを一文章で書き込みたいが故に各単語を自分なりに省略
してしまうという事。
その省略の仕方が他国人から見ると暗号にしか見えない言葉で
書き込みをしてるとか。

確かにマデリン等の銀行前の会話をグーグルあたりで翻訳しても・・・
各単語は短縮されたもの故、元の意味が解らず、短縮された文字だけで
グーグル等はロボット翻訳をされるわけだから意味不明な翻訳になったり
そのままアルファベットで残ったりと^^;
基本的なことをそれなりに学んだとしても、日本人には短縮された単語の
羅列では解読不能な文章にしかならない事がわかったから。

インドネシア語の単語はほぼローマ字読みそのままって感じだから
覚えやすいのかなと一時思ったけど、単語の短縮が暗号レベルってw
こういうことを言われてたのでさすがにやる気が無くなって。

ならやっぱし世界に通じる英語をちゃんと再度学んでみようか@w@!
って気になりましたねw 
本読んだぐらいでどこまで学べるかは(飽きないかw)判りませんが^^;

とりあえず生きてます。


関連記事
スポンサーサイト