ロアッソについてちょこっと

正直、ここ3年ほどロアッソのことは殆どこのブログで触れなくなっていた。

2012年:高木監督3年目、守備・攻撃何をやってもダメ、降格制度無くて本当に助かった
2013年:吉田監督で発進もマジ降格争いで初更迭、社長で初代監督の池谷氏で辛くも切り抜ける
 この2年はスカパーの中継を途中でテレビ消すわ、終いには契約切るほど見る気が失せた。

2014年
監督を元日本代表の岡田氏のアシスタントで懐刀とも言われた小野氏が就任。
チームの若返り&ゼロから作り直すところから始まった。

プロ選手の残酷さが特に見られた1年だった。
大卒選手やユース出身の若い選手が練習において監督の目に留まり、
2013年までレギュラーで普通に出ていた選手の大半が試合に出られなくなった。

もちろん、監督自体チームを作る1年目ということもあり、戦術的、体力的なことも
使ってみなければ判らないこともあり、逃げ切り失敗の試合で悔しい試合も多く、
半面シーズン終盤では9月以降はトータルで3敗しかせず、リーグ上位の順位が団子化
していた事もあってプレーオフを狙おうとラスト3節くらいまでは上を向いて居られた。

結果:13勝14分15敗
最終順位は13位だったが、昨年までと比べると非常に充実したシーズンだった。

そして今
ストーブリーグ真っ只中。

ロアッソは藤本主税を筆頭に、昨年・今年とキャプテンだった吉井、ゲームメイクするボランチ原田、
そして「ロッソ時代初期から居た男」矢野までもが引退を表明してしまった。
(吉井と矢野は怪我に悩まされて引退に踏み切った)

これによりロッソ熊本時代を共に戦ってきた選手がついにチームにおいて一人も
居なくなってしまうという、長く見るものにとっては寂しいが完全なる新時代に
ロアッソ熊本は入ることになった。

更にまさかの戦力外に驚く。
・デビュー戦の印象が強すぎる半面スペ体質に苦しんでた五領
・「こいつは絶対覚醒する!」と期待してた大迫希
・20歳の時からロアッソでやってたブラジル人ファビオ
この3人において個人的には残念と一言では言えない気分となった。

2013年までは県内の人に見に来てもらおうと、有名ではあるが結構年齢的に上の
選手を獲得しようとしていた運営も、今年地元出身で元日本代表の巻がチームに
加入したのを最後に「若手の育成」を基本理念にしたこともあり、小野監督もその
理念によって若手とベテランを練習において常に競わせて状態のいいほうを使うと
言うやり方で若手が台等してきたこともあり、チームの平均年齢が急激に下がった。

サポーターとしては「あと10試合ほどリーグ戦が長ければ・・・」という気持ちにさせて
くれたのは、それだけチームが若返って戦えていたからだと思う。

さて、そしてシーズンが終った今。
このオフシーズン、例年より早くロアッソが動いているのが非常に気にかかる。

噂(群馬の新聞に情報が載ったこともあるが)が先行する形で聞こえてきた
群馬のストライカー平繁選手、センターバックのクォン ハンジン選手を獲得。
札幌を不当解雇?されたサイドバック&ボランチを担当する上原選手を獲得。
3年前から強化指定選手として囲っていたMF田中達也選手と契約。
そしてサプライズ的な入団として地元大津高校からJ1のクラブも手を伸ばして
いたと言われた坂元大希選手が入団。
更にJ1広島からGKとセンターバックの選手のレンタル移籍と、例年にない
速度で選手獲得に動いている。

半面、今シーズン活躍した選手の契約更新が例年に比べて少し遅い気がする。
現在更新されたのは下の選手。
Fwアンデルソン、斉藤、パブロ、
MF中山、嶋田、上村、岡本
SB片山、蔵川、森川、
GK長井

本日、FWの巻誠一郎の契約更新が発表された。

正直言ってロアッソがこのまますぐJ1へ上がれるとはまったく思っていない。
現実にはまだまだ時間はかかると思っている。
J1に上がるには補強も必要だが、ある程度は活躍できる選手を自力で揃える
必要がある。 若手を育て上げるのは一番得策なのだ。

まぁ実際若い選手が試合で1年通じて活躍すれば・・・w

今年活躍したFw澤田選手がJ1清水に移籍する噂がある>w<

しかし契約期間中の移籍であればきっちりと移籍金も発生し、噂では2400万とも
言われている。 地方の親会社のないクラブには2400万も移籍金が発生するのは
ともかく大きい。 選手を育成し、チーム・運営自体がある程度の規模になるまでは
残念な気持ちもあるが移籍金でチームが潤うのならそれに越した事はない。
そして、そういう風にユース出身や大卒を活躍させれば「育成がうまいチーム」と
見られチームと選手がブランド化で評価されればいろんな意味で物凄く大きい。

来年はどうにか、一桁順位をキープするくらいのチームになって欲しい。
J1を目指すとは言っても、数年は一桁順位(7~9位)で、ある程度期待されないと
いきなりプレーオフとかはさすがに無理だと、現実は受け入れているつもりです。

澤田の移籍がどうなるかも気になるし、まだ契約が更新されてない、今年度の
主力選手の動向も気になる!気になる!

なるべくなら契約ごとは越年せずに、今年度中に終わる事で・・・
チームの始動日になったら一斉に選手はレギュラーを競ってもらい、
3月の開幕を目指して欲しい。

チームの体力、運営の体力。
地道に一歩一歩、積み上げて、上を目指して欲しいなぁ~



関連記事
スポンサーサイト