週間俺スポ 3/20

まずはプロレス。
☆WWE-RAW
今週はあまり話が進まず見てて微妙だった。
ドルフ・ジグラーがHHHに勝ったら好きな試合を組んでやるとステファニー
に言われて試合するも、いつものように負ける。
そこに(2週間前のHHHの暴行にてアクシデントでリアルに)鼻を骨折したレインズ
がHHHを強襲。延々とバックステージまで追いかけて乱闘となり、今週はなんと
HHHが頭部を6針縫う怪我をするという...
 怪我といえばジェリコとシングルマッチをやってネヴィルがジェリコの股間を
スライディングですり抜ける時にマットに踵を引っ掛けて骨折してしまったらしい。
ジェリコが異常に気が付いてレフェリーを殴っていきなり試合を終らせてた。
この事実を知る前に試合中継見てた限りでは「なにやってんだ?」って感じだった。
 プロレス中継なのに最後の最後をマクマホン劇場で締めるのがWWE。
今回はビンス、シェイン、そしてアンダーティカーが一堂に会した。
ビンスとシェインの罵り合いの横で佇むアンダーティカーに向かい、最後にシェインが
「テイカーはビンスのビ〇チ」だと言うとティカーが逆上、逃げようとするシェインを
ビンスが捕まえ、ティカーはシェインをチョークスラムでKO。
勝ち誇るビンスを睨み付けながらティカーは退場、ビンスの満面の笑みで放送終了。

なんとなくレッスルマニアのメインは今のところWWE王座戦のHHHvsレインズだが、
鼻骨骨折のレインズの体調が戻りきるか不安なんだよな。
しかも今回の生中継で今度はネヴィルが骨折で出場不能になった。
まじ今年のレッスルマニアは呪われてる感じがする。
RAWの〆もマクマホン劇場だったように、まさかレッスルマニアのメインも...
シェインvsアンダーティカーのヘルインアセル(金網デスマッチ)じゃないかなとか
思ったり。 7年前と違って復帰したシェインが白髪混じりのいいおっさんになってて
あのころのようなトンでも試合が出来るのかがこっちも不安なんだが...

今週スマックダウンは見てない。 たいしてストーリーも進んでないようだし。
メインエベントのAJvsオーエンスの試合はなかなか面白かったらしいので
そこだけ見てみるかな?

☆新日本プロレス
Road to INVATION ATACK開幕。
開幕前の情報で、4月の両国大会で組まれると思っていた試合がこの前哨戦シリーズ
にて開幕の3/19、3/20で結構組まれてて驚いた。
更に驚いたのがそういう面白い試合を組んでいながら新日本プロレスワールドにて
Live配信されなかったこと。 3/19は後にサムライTVで録画中継で放送らしく。
3/20分は本日1日遅れで新日本ワールドに動画が上がっていた。

ちなみに3/19は柴田vs小島のNRVERタイトル戦とケイオス初参加の後藤が6人タッグで
ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンとやりあう試合が。
3/20は石井vsイービルがROH・TV王座をかけた試合&NVRER6人タッグ王座に
棚橋/エルガン/ジュースが挑戦する試合(王者はケニー&ヤングバックス)
サムライ放送分は仕方ないんだが、サムライで放送分の配信権利もきちんと取得
してくれないかなあ。 27日(日)生中継LIVE配信分は同時にサムライTVでも生中継するようだ。

ちょっと気になるのは...小松/田中が海外遠征に出た後何人かのヤングライオンが
デビューしたが、このシリーズ全く試合が組まれてない。 何故なんだろう?

-------------------
サッカー
☆欧州チャンピオンズリーグ。
今週の試合は熱かった! バルサvsアーセナルとユベントスvsバイエルン。
特に後者のユーべvsバイヤンは本当に生中継見てよかった試合。
アーセナルは今年のロアッソのユニがめっちゃそっくりだから応援してたんだが...
バイヤンvsユーベは前回ユーベホームでやりあって2-2という結果。
そして試合展開はしっかり守ってカウンターに賭けるユーベと、とにかく点が欲しくて
ボールを支配して攻め立てるもことごとく跳ね返されるバイエルンという展開で。
ものの見事なカウンターでユーベが前半2点を取ってさすがにこれは終わったと。
バイエルンは点取りやロッペンを国内リーグ用に温存?ベンチにも入れてなかった...
ここで終わったらユーベ強かったねwで終わるんだが、ここからバイエルンが奮起!
後半ロスタイム終了間際に2点目を取って追いつくという、ユベントスファンは口あんぐり
状態だったろうなw 延長戦となって前半は0-0だったものの...
延長後半にバイエルンはついにユーベの守備網を破壊!更にもう1点と取って...
開始前半の焦りはどこ吹く風w ホームでバイエルンがユベントスを粉砕! 
これは本当に面白かった!
個人的にはバルサvsバイエルンの殴り合いの決勝を見たいので大満足でした。

とにかくこの試合はセリエAで今無敗の記録を保って首位をひた走るユベントスと、
圧倒的破壊力でブンデスリーガの首位をひた走るバイエルンという、まさに
チャンピオンvsチャンピオンの試合でもあったわけで。
今年はスカパーが無料チャンネルのBSスカパーというチャンネルにて
「ブンデスリーガハイライト」「セリエAダイジェスト」「プレミアリーグハイライト」と
一週遅れではあるがきっちりと見ることが出来るので、この手のハイライトにて
チーム状況をそれなりに判った上で見れたので、本当に楽しく見ることが出来た。

正直自分は今はもうサッカーは本当に見たい試合以外はハイライトでいい。
どうせならスカパー、各国リーグハイライトのみ見られるセットとか...
つくってくれないかなあw 
セリエA/ブンデス/プレミア/エールディビジ/ディビジョンアン/リーガ/J1~3/
チャンピオンズリーグ/ヨーロピアンリーグも含めて月/1500円くらいでw

☆ロアッソ熊本
さあ、今週はバトルオブ九州で苦手な苦手な北Q戦。
中継では北Qアナが折りにつけて「北Qにロアッソは勝てない」
「相性でしょうね」「通算成績北Qの7勝4引き分け1敗」
「特にこの本条では1度も負けたことがない」
いやー言ってくれたわw ロアッソサポとしてはめっちゃイライラしたわw

まぁ、でも不思議なことに強さ弱さや調子に関係なく、本当に対戦相手に
よってはこの「相性」としか言えないものがあるのも本当なんだよね。
ロアッソサポから言わせてもらえば、鳥栖(J1で待ってる)、大分(J3に落ちた)
札幌(逆に大敗したこともあるがwなんとなく)は「相性がいい」って感じる。
仕方ないとは思いつつもそれを放送中に話題がなくなると間つなぎにこの
ことを言ってくるのはめっちゃ腹立たしい...まぁ本当のことでもあるが><

今シーズン初の失点。しかも見てるこっちもスゲー!って感じのミドルだった。
腹立たしいが、ついに陥落かー 短い夢だったなーw
って思ってたら... 後半44分に追いつくとか。 正直目を疑ったわ。
今までだったら糸が切れたように複数失点するところを守備も最後まで粘ってたし
追いつくための「攻め」のカードを終盤連発した清川監督もよかったんじゃね?
北Qは来年?専用スタジアムが出来るために本条では最後の対戦だったようだし。
勝って欲しかったが、この最悪すぎる相性と海の近くの本条のグラウンドによる
強風で後半風下だったことも考えると、引き分けに持ち込んだのはすばらしいね。

ロアッソの試合の前に讃岐が草津相手に「撃ち合い上等!」な試合で勝ったので
勝ち点では並んでいるものの得失点差で讃岐に上に行かれてしまった。
まぁしゃーないね。

順位も気にはなるが、それよりもまだ先に気にしなければいけないことがある。
たまたま苦手クラブ(松本/徳島/北Q)に悪くない結果でいい位置に居るとはいえ
ロアッソの選手層が全チーム横並びにすると、降格筆頭に上げられてた事実。
ともかく、今調子がいいうちに早く降格圏にはならないであろう勝ち点(だいたい
40くらい?)まで、それを最優先に考えるべきだと思う。

それじゃなくても5月の連休は毎年負け越すし、6月終盤からは熊本特有の
湿気と気温(34~36度)で9月半ばまでまともに勝てなくなるんだから。
そういう意味では熊本サポはJリーグの秋-春制にはちょっと手を上げたかったりw
北海道とかの寒さはこっちだと理解できないからね
(逆に北海道の人が8月に熊本に来たら何もなければ1日で逃げ出すと思うw)

さて、次節はこれまた因縁の長崎戦。
大体こことの直接対決の勝率は五分五分なんだよね。
キムテヨンとかいう韓国選手がロアッソに入ってきたようだけど。
岡山や草津等何年か日本に居たからコミュニケーションは日本語で取れルンかな?
ともかく自分は首位とか上位とかの浮かれた報道より、まずは今年の戦力で
最低限残留を今のうちからしっかり考えた、勝ち点を取る試合をやって欲しいと思う。
勝ち点40まで来たらその時点で上を目指すなりいろいろ考えれば良いと思う。


関連記事
スポンサーサイト