まともに寝られたのが嬉しい

テレビが報道する情報を見ていて気が付く今回の地震の酷さ。
阪神大震災よりも酷かったとか。
とりあえず幸いにも自分の所が震源じゃなかった事に感謝し、
不幸にも直撃された方々にはお悔やみ申し上げます。

とりあえず昨日のことを書いておこう。
昨日、ブログにざっと書いているとやはり余震が何度も来て、書き上げると
同時にまたPCの電源を落とし、コードを引き抜き、家族の近くでテレビにて
情報/状況を見ていることとなる。

断水にはなってはいないが、若干水道水が濁ってきている?かもしれない。 
それでも完全断水になってないよりはマシ。
とりあえずウチでは風呂場を含めて水が貯められそうな鍋やペットボトル等、
ありとあらゆるものに水を溜め込んでいる。

実際、テレビ等で昼からは完全断水みたいに言っていたが、ウチの地域は幸いにも
まだ(普段より水の勢いは劣るものの)水自体は出てるので有難い。 
とりあえず電気、水、ガス(プロパン)はどうにかなってるので、テレビで
見る体育館等で避難生活を余儀なくされている人たちよりは十分まともな
生活は出来ている。

昨日同様に太陽が上がってる時には余り大きな余震は自分の地域にはない。
テレビで阿蘇の大学アパートの1階部分がひしゃげて生き埋め等...
これは現実なのかと目を疑う。そして心は痛むし、一人ずつでも助け出される
のを見ると、他人事ながら本当に嬉しく思う。

自分らは結局テレビの報道を見ながら何も出来ないでいる。
とにかく夕方~夜にかけて一か月分の激しい雨が降るという報道が、阿蘇の
生き埋め/土砂崩れ、益城倒壊、避難所の状況と共に連呼されるのを見ている。

余震も少ないとはいえまだあり、自室に行くにも躊躇される。
結局は昨晩1時間も寝てないことによりさすがに疲れてきたのか
軽い昼食後に2時間ほど寝ることは出来た。

起きてみるとお袋が近所の人と話したらしく、雨が酷くなる前に、
昨日とは違うところに車で行く、悪くないところに車の場所を取って来て、
というのでとりあえず行ってみる。 
某ショッピングセンターの青空駐車場だったのでその時間はとにかく
買い物客が殺到していて、近くに車を止めて戻る。

夕方6時過ぎくらいに雨が来る前に早めに移動しようと車の場所に移動。
昨日車を止めて避難していた場所は基本有料駐車場で、その持ち主は
金の亡者と噂されていたが・・・
その駐車場には入り口には昨日は無かった立て札があり、
「無断駐車は5万円徴収します。発見次第タイヤの空気を抜きます。地主」
と、この非常時に本当の人でなしとはこういう奴の事だろうと怒りを感じた。
これを近所の人が見たので、別の場所に車を移動となったのだろう。
こういう奴こそ地獄に落ちろ。

まだまだショッピングセンターには人が溢れてて、とりあえず水物でも
あれば買っておくかと中に入ってみると、通常では見たことの無いまさに長蛇の列。
5つあるレジでどれもが2-30人は並んでいる。
自分がその店に入ってみると時間が時間だったこともあるのだろうが、
さすがにまともなものは全て無くなっていた。
2Lペット等はもちろん、500mlペット系も一部の炭酸系ジュース以外は
殆どが無くなっていた(結局自分は天然水の炭酸入りが残ってたので3本購入)。
パン、カップめん、袋麺等即席系食品はもちろん全滅だった。

一応自分のところは上にも書いたが電気、水道も生きているし、買い置きで
暫くは凌げることもあり、お袋は昼の間に飯を炊き、おにぎりにしていたので
とりあえずの食事は問題ない。
というか、この先が見えない状況ではあまり腹も減らないよ。
おにぎり1個喰えばとりあえず十分に感じる。

6時半にはショッピングセンターも締める宣言をしていて、自分が外に出ると
店の人が新たに入ろうとする客に対して6時半で終わるので、と何度も
頭を下げていた。 特需もあったろうが、このショッピングセンターの
人たちも余震が続く中、命がけで客に対応してたのはわかるから、さすがに
文句も言えないよね。 家に早く帰って家族と合流もしたいだろうし。

駐車場もある程度捌けてきた事もあり、トイレに近く、最悪大丈夫そうなトコに
車を止め直した。 既に閉まってしまってるが電気が消えてないこともあり
結構な時間まで買い物に来る人が多数居た。
トイレに行きたくなって、行こうとしたら、店の入り口の少し向こうにあるトイレは、
店自体をアコーディオンゲートで囲ってたために入ることが出来なかった。
これはちょっと想定外だった。 トイレが無いのは本当に困る。
熱中症、エコノミー症候群に対して少しずつでも水気をとらないといけないし、
このあとは大雨が降るのも判っている。雨が降っても行きやすいようにと
トイレに行きやすいところに車を止めたのだが...
トイレに入れないことが判り、とりあえず一旦家に戻る。

例の地主のところには死んでも行きたくないので、もう一箇所ある、
家から歩いても5-6分のところに行って見ると、うまい具合に空いてて。
そこに車を止めてしばらくすると...
ニュースで言ってた通りに雨が降り出した。
雨も強くて、ラジオの音すら聞こえにくくなる位だった。

余震はあることはあるがそこまで強くは感じず。
昨日もそうだったよなぁ。 そこであの夜中のアレだからなぁ・・・
さすがに災害に対する夕方までの報道の反動か、NHKですら歌番組を
やってたりで情報が入りにくくなってくる。

気持ちはわかるんだよね。実際、東北大震災の時も自分も、酷いなぁとは
思いつつも、さすがに一日中のニュースには、何の被害も無い関係ない地域
ではそればかりを見せ付けられるのはきついってね。

でも情報が途切れることの怖さと言うか...
ラジオ等つけて、近々の情報がたとえ同じ事でも入ってこないのは...
実際にその恐怖を体感しないことには判らないんだよね。

そういう意味では地元のRKKラジオははスカパーのTBSニュースバード
という24時間ニュースチャンネルの音声をそのまま流してて、余震があって
震度等が判ったら緊急で割り込み放送みたいなのをしててやるなぁ、と思った。

夜の10時を過ぎた頃、再度家に帰ってみようという話になる。
正直、車の中にいるのも疲れる。 車が軽で小さいというのもある。
仮眠もよく出来ないし、雨の音も響くし、細かい余震も気になる。
結局はすぐ逃げ出せる体制を取りつつも家で寝ようと言うことになった。

だんだん感覚が麻痺してるのかもね^^;
震度3-4くらいならだいたい判るし、全く驚かなくなってる。

とにかく家では電気は通っててニュースも見られる。
車の方が安全かもだが、4時間以上いて、豪雨の為に外で体を伸ばす事すら
出来ないとなると、自分もきつかったが家族が耐えられなくなってくる。

もうこれは仕方ないなと。

つーことで、家に戻るとテレビをつけて情報を眺めつつも就寝。
とはいえ、とにかく揺れが来たらすぐに逃げようと、家の鍵等は
こんな緊急時締めてる余裕は無い。

とりあえず、夜中の3時過ぎに一度、結構な揺れを感じて起きたが。
揺れ自体はすぐに収まった事もあったので、それ以降は朝まで寝てた。

この2日まともに寝れなかった日と比べるとトータルで7時間位は
十分に寝れたのが本当によかった。
雨はすっかりあがってて、すんげぇ太陽が輝いてた。

車の中に何度も長時間居た為か、体の節々が痛いわ^^;

以前のW杯日記じゃないけど、書けるならとりあえずこの後も書いて行きます。

PS.
水道の水の濁りが白っぽく?少し目立ってきたかな。
とはいえ電気、水道、ガスもまだ使える上にネットも繋がっている自分は
まだまだ恵まれている。











関連記事
スポンサーサイト