剣士ちゃんブルーアイ2階へ!

そろそろ剣士ちゃんでブルーアイの2階に行きたい。

ただ前回書いたが吸血真を過信しすぎてソロ狩りで紫オームは無理だった。
友人らにヘルプを頼むと一人から返事はあったがほかの人は
忙しいのか返答は来ず。

まぁ2人で行けるなら2PCで各人僧侶もカンストで居るからいいか。
ブルーアイに殴りこむ。



なんとオームの部屋ではなんとLv225の剣聖がオームをソロ狩りしていた。
おいおいおいw

日本人ゆえ、横殴りとかはしたくないので一旦友人と話し合って1時間後を待った。
そして1時間後。
よし、誰も居ない。
友人も呼ぶとログイン準備を始めたようだ。

と、そこにまたもさっきの剣聖が出現し、オームを殴り始める。
再ログインして来た友人はよく見ていたようで
「オームがさっき何かの書を落としてたようだった」と言ってた。

おいおいおい...
ずっと張り付いてるんかよ...

こっちの流儀で横殴り上等と行くか!?
友人は「殴っちゃえ」とか言ってたがw

ふと、そうだ。
PT組んでもらえるなら向こうが倒してもクエストクリアじゃないか。
ドロップ品なんかにこっちは興味ないし。
2階にいけることが最重要事項だし。

そう思ってその剣聖にPTの誘いを贈る。
その剣聖が「何か用か」みたいなことを言ってるようだ。
ネシアンの言葉は英語とも全く別言語なのでマジで全く判らないがw

とっさに剣士ちゃんに「Quest...」と喋らせた。

その剣士は判ってくれたようでPTを組んでくれた。
以降は喜んでオームに向かっていって二人でオームを倒した。
友人は僧侶の回復をメインでやってくれたw

オームが倒れてクエストクリア。
ドロップ品はPDとダイヤw 別にいらねぇw

どうやらこの剣聖「タランタロスに行くが一緒に来るか?」
と言ってる様だった(タランタロスと読める文字と?で想像w)

タランタロスに向かい合うまでのクエストも面倒で時間かかるし、
言葉通じない状態でクエストをやることが難しいのは前回も思ったことだし。
「Tarantarosu go to next」 とか言ったっけ^^;
剣聖は判ってくれたようでオームの部屋から出て行った。

友人はログアウトし、自分は剣士ちゃんでついにブルーアイ2階に。

ついに来たよー!
ただ属性をつけてない事もあり、青い骨鳥も緑蜘蛛もまだ1撃確殺には行かない。
考えて...
20161009-2.jpg
結局木属性を付ける事で緑蜘蛛をメインで狩ることにした。

とりあえず2階に行けてよかった~。

ps。
オーム倒すときのクエスト時はかなり焦ってたのかSS1枚も撮ってなかった...

関連記事
スポンサーサイト

2 comments

非公開コメント

0 trackbacks

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)