戦国炎舞 -KIZNA- Presents Road to POWER STRUGGLE 開幕

11月5日にて大阪府立体育館で行われるビッグマッチ、
「戦国炎舞 -KIZNA- Presents Road to POWER STRUGGLE」大会
へとつながる前哨戦シリーズが本日開幕します。

第1試合20分1本勝負
永田 裕志     川人 拓来
小島 聡   VS  金光 輝明
天山 広吉     本間 朋晃

※久々にみられる若手の試合こそが自分的には注目
-
第2試合20分1本勝負
ヨシタツ/中西 学
   VS
高橋 裕二郎/BONE SOLDIER

※キャプテン改めボーンソルジャーがどういう動きをして
前座戦線以上に行く気があるのか直接見て確かめたい。
-
第3試合20分1本勝負
YOSHI-HASHI/石井 智宏/後藤 洋央紀/オカダ・カズチカ
   VS
タンガ・ロア/タマ・トンガ/チェーズ・オーエンズ/ケニー・オメガ

※1.4東京ドームに続くオカダとケニーの前哨戦、
11.5大阪におけるIWGPタッグ王座の前哨戦(yosihasi/石井-タマ/ロア)
ここにテーマのない後藤とオーエンズはどう絡む?
-
第4試合20分1本勝負
ジュース・ロビンソン/柴田 勝頼/真壁 刀義/棚橋 弘至
   VS
BUSHI/“キング・オブ・ダークネス”EVIL
SANADA/内藤 哲也

※11.5大阪の棚橋vsSANADA、柴田vsEVILの前哨戦を含む8人タッグ戦。
BUSHIと内藤は本来の相手(内藤はエルガン、BUSHIはKUSHIDAが出られるのか?)
が居ないこのシリーズはどのような動きを見せるのか?
-
第5試合30分1本勝負
デビッド・フィンレー VS ウィル・オスプレイ

※フィンレーのタッグパートナナーのリコシェが来日不能となり、突然
組まれたこの試合。ヤングライオン卒業を日本で迎えたいフィンレーが
天才オスプレイに挑む
-
第6試合無制限1本勝負
「Super Jr. Tag Tournament 2016」1回戦
ティタン/アンヘル・デ・オロ
vs
バレッタ/ロッキー・ロメロ

※Jrタッグトーナメントが始まる。
ティタンとオロのメキシカンがどこまで行けるのか?
-
第7試合無制限1本勝負
「Super Jr. Tag Tournament 2016」1回戦
タイガーマスク/獣神サンダー・ライガー
 vs  
フエゴ/田口 隆祐

※タイガーマスクW出現で存在が危うくなってる4代目タイガーマスク。
このトーナメントで結果を出してファンに存在感をアピールできるか?
フエゴと田口のタッグは...二人して試合に勝つより客に笑われたいという
お笑いキャラだからまったく期待してないw
-
第8試合無制限1本勝負
「Super Jr. Tag Tournament 2016」1回戦
ACH/石森 太二
vs
ニック・ジャクソン/マット・ジャクソン

※まさかのメインイベントはどちらも新日所属選手でないチームに驚き@@
なぜノアのチームをメインにしたのか?
ちなみにヤングバックスはメインを〆るにはバレットクラブでヒールキャラだが
十分な選手(タッグチーム)なのは認めている。
------------------------------------------------
試合観戦後の感想

第1試合、自分は前回のライオンズゲートを見てないので本当に
久々に若手を見た気がする。金光も、そして川人も第1回ライオンズゲート
あたりの不安定な危なっかしい技の応酬や展開がかなり改善されてて驚いた。
ヤングライオンとしてもっとみたいぞ! 第3世代と毎日やってくれ!

第2試合、ボンソルさん... もう少し待ってみるか。 
年齢的に今回のキャラチェンが最後っぽいし...

第3/4試合 最終戦まで体を慣らす調整試合だったかな。
各試合8人タッグで、10分ちょいじゃこう思われても仕方ないでしょ...

第5試合 どうもこの試合を見てるというよりも思考のほうが
「佐山タイガーとオスプレイがやりあったら~...」という妄想に走ってしまったw
佐山タイガーなら速攻オスプレイの足を殺して全ての動きの源を止めるだろうなとか。
現在の軽量級の空中戦のように技を受ける選手が必ずしも全てを受け止めてくれる
前提では「ない」昭和のプロレスラーとオスプレイが試合をするとどうなるだろうとか。
フィンレーはあの変な色と柄のパンツしか覚えてないw

第6試合 六本木ヴァイスvsCMLLメキシカン。 毎週の定期戦に出てるCMLLの
スター選手が3週間も日本のツアーに出ていられるのか?とか変に裏のことばかり
考えてしまった^^; ティタンのマスクが蛍光ピンクの色でちょっとイメージが違ったな。
ダークな色のマスクに目がギョロっとしてるイメージがw あと逆立ちw
最後は六本木ヴァイスというよりバレッタが一人で決めてしまったね。

第7試合 新日本ワールドのツイッターに感想書きまくってる奴らにはウケてたけど
なんとも微妙な試合に見えたな。特にメインを見た後だとこの試合は前座試合にて
客を暖める試合にしか見えんし、しかもそんな試合展開で最後田口がライガーに
勝つとか。ありえんw 正直お笑い試合でライガー負けるとか逆にショックだった。
試合の内容より客を笑わせるのを主眼にしてる、そういうレスラーも居てもいいとは
思うが(矢野通も同類だし)セミファイナルにて試合してトーナメント勝ちあがるとか...
まぁ自分が新日本の前座選手半分を切れ(休ませて若手を試合にさせろ)って思ってる
休ませたいレスラーの中で田口は2-3番目だし、そう思ってしまうのかも。
 田口を嫌っては無いけど前座の力道山は前座の力道山で居てくれよって事で。

メインエベント。 ヤングバックスvs石森太二/ACH
凄かったね。セミファイナルのモヤモヤが吹っ飛ぶ試合だった。
石森って大昔ガオラの登龍門JAPAN中継→ドラゴンドア中継に出てた奴ねw 
ノアの中継とかG+もサムライも切ってるし全く見てないしなぁ。
ここまでぶっ飛んだ激しい試合をやってくれたらもうどっちが勝っても拍手するしかない。
何がどう凄いとか書こうと思っても文章にならんしw
ヤングバックスが最後まさか負けるとは思わなかったが、納得の試合だった。
この試合のハイライトはお互いがトラースキックをやったところ足が絡まって
その場で回ってしまうところの死角から相手チームの選手が更にトラースキックを
狙って吹っ飛ばすところ。 まさに想定外のハイライトシーンだった。
石森太二のあのバキバキに鍛えた体はともかく凄かったし、パートナーのACHってのも
ヤングバックスに引けを取らない選手ってとんでもなく凄いって事だし。
いやぁ、メインは本当に凄い試合だった。

次は来週の日曜に試合中継か。 (新日本プロレスワールド)
石森組vs田口組とかになるのかな... 

このトーナメント優勝者は1.4ドームでIWGPJrタッグ選手権か?
石森/ACH組優勝でドームでヤングバックスとの再戦...?
今日残った他チームは六本木ヴァイスと田口フエゴ...
断然このトーナメント、優勝は石森/ACHがいいな!ww

やべぇw 新日ファンなのにノア勢を応援してるわ俺ww

関連記事
スポンサーサイト