新日本プロレスワールドに望むもの

実はこれ、最初はワールドにあるツイッターにて
「あなたの見たい試合をリクエストしてください」のほうに
書こうかと思ったんですけど...

思ってることを全部書くと長くなるし、ツイッターの場を
微妙な空気にするかも...って思いもあって。
結局は自分の世界でもあるこのブログに書くことにしました。

で、自分が書きたかった事ですが。
---
殆どリクエストも無くなったツイッターでリクエストもクソもないだろう。
中途半端に見たい試合を1試合だけ切り取っても、プロレスの試合は
「そこまでの戦う理由がわからなければ」面白み半分は失われるでしょ?

いいかげん、選手単位の前後の脈絡もわからないまま切り取った
試合を適当に並べてる今のアーカイブって微妙じゃない?

自分が今ワールドに求めるのはそういうみみっちい単品アーカイブじゃなくて。
「新日本ワールドサイトにて、毎週金曜8時にワールドプロレスリングの
第1回放送から以降を毎週放送して欲しい」ということ。
放送した回はそのまま新日本ワールドのアーカイブとしてゆく。

WWEネットワークと比べるのは本来筋違いかもしれないけど。
向こうは
・PPVは生放送→即アーカイブ入り
・RAW/SmackDownLive!は放送してるケーブルテレビ局に配慮して
 数ヶ月遅れでWWEネットワークのアーカイブ入り
・NXTはネットワーク単独配信で即アーカイブ入り
という現行映像関連だけでも豊富な上に
・WCW=旧NWA
・ECW
自分がざっと知るだけで上の3つの団体の映像を買い取ってて
全てをアーカイブとしてテレビ中継だったものやPPVだったものを
好きなときに見たいものを自分で探して見ることが出来る。
WWEはプロレス界の頂点であり、全ての団体の映像を買い集めて
WWEネットワーク上でプロレスの世界博物館と化しようとしている。
それが毎月9.99$なんだから凄いじゃないですか。
(自分はWWEネットワークに入ってませんが)

アメリカにおける世界一の団体と比べるのは難しいかもしれないけど
新日本プロレスとテレビ朝日には「ワールドプロレスリング」という
40年以上の映像コンテンツがある。
これを有効利用するのは今でしょう。
全部配信してしまったら...とかみみっちい考えはこの際捨てて。

毎週金曜日夜8時に新日本ワールドにてワールドプロレスリングを
第一回から放送を開始する。
新日本草創期に猪木以外でどういう人間が居て、その頃の新日本が
どうだっだったのか。 映像による時代の空気を今の空気と比べて楽しむ。
時代を超えた歴史をワールドのサイト上でみんなで毎週再体験する。

ニコニコ動画風の皆のコメントをつけて過去のワールドプロレスリングを
今風に見るのも面白いだろう。
猪木の世代の中継が終わる頃には現在の新日本プロレスのリング上も
更に世代が変わっているだろう。 
新日本ワールドに入ってると2つの「時空を越えた世代を同時に体感」
していける。

最初に過去の映像を全部開放したWWEに出来ない
「歴史の再体験と現在進行形とをリアルタイムに体感する」を
思い切りさえあれば新日本プロレスワールドは展開できると思いませんか。

ワールドでたとえ全部公開したとしても(週1で40年かかりますが)...
過去に販売していたDVDのシリーズ「燃えろ新日本プロレス」の
ようなものはそれこそ見たい選手のリクエストを募って販売すれば
普通に売れると思います。

正直、ヨシハシカメラやKUSHIDAの旅日記とかの微妙過ぎる無料動画
を毎日更新するよりも...
持ってる優良コンテンツを課金仕様にてしっかり有効利用してみんなで
盛り上がって行ければ。
現在の新規プロレスファンに時代が変わっていくサマを過去と現在をクロス体感させ、
過去のプロレスにしか興味ない人にも「どうせ課金するなら今のもちょっと見てみるか」
という気にさせる。
ダブルの世代を取り込むチャンスでもあると思うのですが。
---
あくまで今の新日本プロレスワールドに入ってる、
長期でプロレスファン新日ファンをやってる人間の希望&理想を書いてみました。
関連記事
スポンサーサイト