クラブワールドカップ決勝感想

鹿島、レアル相手に大健闘だったね。
前半の終了間際に点を取るというw相手を気持ちよくHTに相手を向かわせない所とか
後半頭も責められ続けたほんの一瞬で決まった柴﨑のゴールにて逆転した時の
レアルの選手の表情の変わり方が凄かった。

PK取られたところは微妙。
鹿島を応援している側からすると「あれはないだろう」「裏でFIFAからの指示かよ」だし
レアルを応援してる側だと「審判が認めればPK」「そこまで切り込まれた鹿島DFが悪い」

セルヒオ・ラモスの悪質ファウルにカード取り出すしぐさをしながら近ずいたのに
ファウルした選手が誰か判り。カード出すとレッドになると気が付くとカードを出さずに
誤魔化した審判のジャッジは...
試合終了後にさんまが「MVPはレフェリーです」が試合を見た人すべての思いだろう。

延長戦はもう鹿島は既にいっぱいいっぱいだったしね。
そこに元気いっぱいの欧州強豪国の主力選手が交代で入ってくる。
さすがにきつかったね。

個人的には鹿島はこの大会で初めてブラジル人のファブリシオを入れたけど。
あまり機能してるようには見えなかったね。
10人で守って切り込んでほしかったんだろうか?
リーグ戦は数えるほどしか今年見てないから自分が書いてるのは的外れかもしれんが。

微妙に見えたPKは鹿島も準決勝にてビデオ判定という審判がわからなかったところで
PK取ってもらえてその勢いで勝ち上がるきっかけとなったこともあるし仕方ない。

カードを出そうとしてたのを引っ込めた行為は...。
上からの指示か、レアルを負けさせたくないレフェリー個人意思における知らんぷりか。

鹿島が勝ってしまうことで、レアルのお偉方から追及されるかもしれない。

この試合はFIFAの歴史を変えてしまいかねない、最強の欧州王者vs南米王者の試合のはずが...
単なるアジアの開催国vsUEFA-CL王者レアルが決勝で今試合やってる。ココで既に想定外。

必死の抵抗を見せて逆転までして見せた開催国・Jリーグ王者/鹿島に手こずっているレアル。
審判の権限でレアルを同点にすることはできたのだが現状勝ちきれない状態が続くこの試合。
更にここでこのカードを胸ポケットから出し、レアルの人数を減らすことでその審判にとって
「あってはならない事」へ直結する可能性もある。
「あってはならない事」がもし起きた場合に自分は責任が負えるのかという考えが審判の心の中に
あったとしか考えられない。

FIFAの指示か、審判の片八百長か。
世界中に「あのレフェリーのジャッジはおかしい」と思わせたことで。
今回はいいや、というとこで。

NHK大河ドラマ真田丸?最終回の2倍以上の38%とかの視聴率だったらしい。
鹿島がレアルと真剣勝負ができたこと自体が奇跡的な快挙であり、
Jリーグチームが地上波で試合を中継して38%もの視聴率を稼ぐのも快挙。

鹿島はこれに奢れず・・・
金周りでは浦和に負けるかもしれんがw
「強い鹿島」「負けない鹿島」を今後も続けてほしいね。

PS.
今、当時のレギュラーだったGK古川や長谷川祥は石井さんの監督としての
快挙を見てどう思ってるんだろうねw

関連記事
スポンサーサイト