賛否両論あるのはいいのかも

10月からのドラマ、唯一見てたのが「THEラストコップ」。
本当におバカでぶっ飛んでて面白い作品でした。

簡単なあらすじ
1985年、ある事件を追ってた22歳の刑事・京極は犯人のアジトで
爆発に巻き込まれて昏睡状態になり、30年経った2015年に斉藤由貴の
「卒業」がテレビで懐メロとして流れてる中で目を覚ます。
妻は当時の部下と再婚しており、当時2歳の娘はアラサーになっていた。
時代と家族に取り残された京極はそれでも家族と横浜の街を守ることを誓い
バディを組んだ良太を振り回し常識外れの捜査で事件を無理矢理解決してゆく。

京極の決め台詞は「俺は不死身だ」でありw
拳銃を構えた犯人グループに正面から突っ込んでいくのがデフォであるw
ギャグ的お笑い要素が7割、ストーリー展開が2割、稀にまじめなシーンが1割
だいたいこんな感じでしょうか。 
役者さんたちのノリもどんどんエスカレートして行く。

ギャクのノリについていける人間には非常に面白い作品であり、
ついていけない人間には「非常に痛い」作品に見えるようだ。
自分はもちろん上のギャグのノリが笑えてしょうがないほうだった。
「ラストコップ 評判」で検索するとめっちゃ出てきたw

「見た目はおっさん、心は20歳、、帰ってきた昭和の刑事!
その名もラストコップ!」

おいおい、ナレーションからしてコナンのパクリかよ...と思ってたら
このラストコップ、ドイツの海外のドラマ「Der letzte Bulle」が原作なんだと。
こっちは1980年から昏睡状態から20年経ってよみがえった刑事の話らしい。
こっちも見てみたいね。
正月休みにhuluの無料期間使って見てみるかなあ?

いろんな国でリメイクされてそれがヒットしていることもあったらしく。
huluと日テレが共同製作にて日本版「ラストコップ」が誕生し、TVSP以降hulu内で
シリーズ化したら、今までで最高に有料会員が増えたコンテンツだったという。

自分はこれを最初に見たの昨年のTVSPだった。
続きはhuluにあるというが課金は微妙だったのでネット上にていろいろ探したが
結局見つからず時間がたつにつれて忘れかけていた存在だった。
まぁ有料会員が目に見えて増えたキラーコンテンツになってたのなら
hulu&日テレ関係者で違法アップロード動画の強制削除にも躍起になるだろうね^^;

突然9月にラストコップエピソード0という特番が週間連続で放送された。

hulu版を編集した番組が始まったので喜んで見た。
何とテレビシリーズ開始の特番だった。 個人的に大喜び!

とはいえ、
自分は結局1回もリアルタイム視聴はしなかったんだよね。

土曜日の21時って、なんかしらのスポーツ中継やってるから。
まぁそのかわりHDDビデオにはしっかり録画しておいたから。
本当に毎回思い切り笑わせてもらいながら見させてもらった。

最終回は一部リアルタイムライブ放送という暴走ここに極まれりという無茶なw
そして京極の生死をリアルタイム投票で決定するとか酷すぎる放送だった!

ちなみにテレビのラストに発表があり
このテレビしりーズ終了後も12月/2017年1月に続編が2話単位で製作され、
なんと2017年5月...

ラストコップの映画化決定wwww!

これは見に行かねば!!!

huluと契約すればいつでも見ることもできるんだが。
2015年版がDVDBOXで発売されている。
5枚組で13532円(アマゾンプライム商品)って思った以上に安くない?
2016年版は来年の4月発売らしい。
正直言って、欲しいw

とりあえずは
年末の正月休みにhuluを無料登録でお試しやってみよう。
そこで原作に当たるドイツのドラマ。
ラストコップの2015年版
最後にテレビの延長版エピソード。

映画の興行収益次第ではテレビの新シーズンも期待したい。

関連記事
スポンサーサイト