押井守とパトレイバーMOVIE1


・最近押井守の映画をよく見るようになった
・以前からパトレイバーMOVIE1はDVD購入してたけど
・最近は「MAROKO 麿子」「ご先祖様万々歳」とかw
・変にマニアックに走ってしまっている

・甲殻機動隊の映画も見なきゃだがなんか敷居が高いんだよなw
・とりあえず今日はこれ書きあげたら「トーキングヘッド」を見ます
・実写映画だがネトゲに関する話らしいw

・パトレイバーで思い出した
・パトレイバーMOVIEが好きでDVDとサントラ買ってたし
・昔雑誌にMOVIE1にて時間の都合でカットされた怖い後藤さんのシーン
 「みんなでしあわせになりましょ~よ~」の所。
・絵コンテの時点でカットされたから映像化はされてなかったものの
・雑誌にそのボツコンテが小さい写真でだが載ってて衝撃的だった

・それが...あれから何年たっただろう?

・MOVIE1のシナリオ書いた人が中編小説として描いていたのを今頃発見。

・キンドルにて電子書籍で速攻購入、そして読んでみると...
・シナリオ書いた人がノベライズしただけあって映画の絵が速攻頭に浮かぶ小説だ

・映画ではタイトルが出るまでの自衛隊レイバー暴走のシーンは小説にはない。
 (ただし事件自体はあったことになってて課長が零式を第一小隊に配備しない
 理由を南雲隊長に隊長室で話すシーンの会話内に出てくる)、
・逆にHOSの事をトマト持って行って聞いてしまった野明が映画本編にはない
 暴走レイバー鎮圧に行って思い悩むシーンとかあった。
・また、アスマが2週間の謹慎になってシゲさんがアメリカから戻ってきた時の
 「呪ってやる~!」発言のシーンには実は続きあってw
 ある事から榊さんに「お前も2週間謹慎だ!」と怒鳴られるw
 映画では本来このシーンがあった事でアスマはシゲの下宿にいる事になってたんだw
・これ読むと、映画には時間的制約で入ってない本当の意味での映画の全編が
 書かれてるんだなと期待しながら読み進めると...
・絵コンテカットで実際に映像化されなかった怖い後藤さんのシーンもしっかりと
 小説版には書かれていました。 こういうことだったのかー!

・既に音声リニューアル版までMOVIE1は出てるし、さすがにこの辺のシーンが
 追加された完全版とかは無理でしょうね・・・w
・でも今まで知らなかったが謎が今更ながらしっかりと読めてよかったーw

・パトレイバーMOVIE1はレイバーが活躍するロボットもの+押井守の独特の世界観
 +Windowsすらまだ当時普及してなかった頃にレイバーのOSにコンピュータウィルス
 を仕組んでトロイのン木馬という言葉まで出てきたうえでそれによって東京を壊滅させよう
 というトンでもないエンターテインメントな話なので個人的に大好きなのだw

・逆に押井信者には神作品と言われるパトレイバーMOVIE2は...
 個人的には正直微妙に思っている
・個人的に、初期OVA版の5-6話を作り直してそこに南雲隊長の個人的話を
 味付けしただけじゃねーのー? って感じで。 1回しか見てない
・そのうち見ようかなとは思ってるけど...
・パトレイバーは一応Ⅲまで映画あるし。
・気がつけば押井守監督でTNGパトレイバーという次世代作品まで作られてて驚いたw
・しかも実写とか、押井ってパトレイバーの事嫌ってたんじゃねーのかってw

・とりあえずしばらくはいろいろ映画見るとして。
・なぜか最近ハマりつつある押井作品を見ていこうと思ってます


関連記事
スポンサーサイト