仮想PCの環境を作ってみた

Win10だとSeal謎が10分程度で落ちてしまってまともに使えない。
今ではサブになったWin7は普通に使える。
なんか悔しいな、つーことで。

手元にWinXPのシステムディスクとプロダクトキーはあるので。
ちょこっと調べて、仮想PCを構築してみた。

思い返してみると、結構簡単だった。
もちろん、途中でどうにもならず1日目はふて寝したりもしましたがw

VMwareプレイヤーをダウンロードしてPCにインストール
WinXPをインストール
③ネット接続はブリッジというやり方で
④IE6は古すぎて使えない。ネット環境はつながってるか微妙
 ホストWin10にてダウンロードしたFirefoxを仮想XPデスクトップにコピー
 インストール。ある程度の調べ物は仮想XP上でも出来るようになる。
⑤但し他のソフト(無料セキュリティソフトのアバストやchrome等)がどうしても
 インストール出来ず、Windowsアップデートも出来ない
⑤ネットでいろいろ調べて、忘れてたWinXPにSP3をインストール
 これで環境は落ち着いたのか、アバストもクロムもインストールできた
 ついでにIE8もインストール。 ただ結局WinアップデートはIEが読み込めず不可
⑥ドラクエXのベンチマークをDL/インストールすることで、DirectXを最新版に
⑦hostsに一文付け足す
⑧Seal謎のゲームフォルダを仮想PCにコピー→デスクトップにランチャーショトカ作成
⑨Nプロは普通に読み込むも、以降Seal謎は起動しない...
 解像度やいろいろ調べる。NIVIDIAドライバはインストール不可だった。
 VMwareは一種のエミュレータでもあるので、積んであるグラフィックドライバでしか
 動かすことができないと

1日目はこの辺で疲れて寝てしまった。
 
2日目、アホなことに気が付いた。
何とSeal謎のゲームフォルダを 「デスクトップに置きっぱなし」 にしていた^^;
脱力しながらもゲームフォルダをプログラムファイルのフォルダに入れて、
ショトカを作り直し動かしてみる・・・ おお! 
読み込みに時間が若干かかるとはいえSeal謎起動!

若干重いながらもシィルツにインできた!
鍛冶師で格下バイルから進化アイテム等を集めるくらいなら普通に出来る。
まぁ釣りやペット放置をこっちに切り替えてWin7で通常活動をやるのがいいね。
とりあえずWin10でもこの仮想XPにおいては10分前後での切断もなくなった。

そして、Win10と仮想XPの同時起動がこんな感じ!
20170329.jpg
(左がWin10謎、右が仮想XP謎)

仮想側からWin10への切り替えが「Alt+Ctrl」キーを押してデスクトップ画面に
「Num Lock On」と表示されてカーソルを仮想から外に出し、Win10の画面を
クリックしてWin10側を使う。

反対にWin10画面から仮想XPを使うのがさらに面倒で、Win10Seal謎画面から
「Alt+Tab」でカーソルを外に出し、デスクトップ上の何かのアイコンを右クリする事で
縛られようなデスクトップアイコンが使えるようになるのでそこから仮想XP画面を
カーソルにてクリックで仮想XP画面上のSeal謎の入力が出来る。

まぁ、同時起動はよっぽどのことがない限り今後やらないだろうと思いましたw

その後、変なピープ音がしてSeal謎を落とすと仮想XPがブルースクリーンに一瞬なって
勝手に再起動、Seal謎が起動しなくなり、おかしいなとみてみると
ゲームフォルダの中のSO3Dexeが起動するごとに消されるという事態が勃発。
最初はアバストにて無視をさせてたが結局治らずについには警告まで出てきた。

仕方ないのでしっかりとネットで調べて...
ファイルシステムシールド→スキャンからの除外→謎フォルダを丸ごと対象
にしてやっと落ち着いたかな? というところ。

無駄に進化、いや深化してます^^;
関連記事
スポンサーサイト