とりあえずあと一言

どうにもアルカディアは改名自体が気に入らないのでつい怒りモードに入ってしまう。

まぁここからはもう少しゲームをやって個人的に思ったことを。

Seal(改名アルカディア)に鮮血はやはり合わないね。

話(ストーリー)に出てくるのは仕方ないとして、ね。
最初期オフゲー版SEALにてデュランのシロン市民団内におけるバリエ教徒との
闘い~オンライン版のクエストにもなった市民団裏の血の跡ってのはあるけど、
直接血の跡の描写はなかったからね。
(オフゲSEALではクレアの弟のディリアン王子が暗殺されて息絶えるシーンとかは
あったけどそれはあくまでストーリーにおける重要なシーンとして語られているので有り)

通常の雑魚バイルを狩りまくるときに血しぶき飛ぶわ、砕けたバイルの残骸がが数秒地面に
転がってるとか、ちょっと勘弁してほしい。
このアルカディアというか、希望Seal新世界を作りあげた台湾のスタッフの感覚なんだろうけどね。

SealOnlineは通称「ギャグアクションRPG」だ。
故に血を見るシーンは殆どないし、血が飛び散る代わりにマンガっぽく☆が飛び散る。
バイルはとことん殺す必要はなく、気絶させれば草花に戻って消えるからだ。

ちなみに下のSSはSeal Mobaileのデイリーダンジョンで集団戦(こっち3人vsバイル集団)
のSSだけど、やはり本家PRAYWITHが絡んでるだけあってちゃんとしてる。
20171011-3.jpg

変な血なまぐささの表現よりやはりこういうギャグ的表現の☆がいっぱい飛び散るほうがいい。

アルカディアはそういう意味ではちょっと個人的には合わない気がする。

関連記事
スポンサーサイト